ブログ

「2階建て」と「ロフト付きの平屋」ってどこが違うの?

こんにちは!サイエンスホーム高岡店です。
今日は「2階建て」と「ロフト付きの平屋」の違いについてご紹介しようと思います。

子育て世代のお家は2階建てが当たり前?

子育て世代のお家の間取りを考える時「1階にLDKがあって、2階に子供部屋」がぱっと思いつく構成だと思います。平屋という選択肢はあまり思い浮かばないですよね。「平屋のお家だとすごく広い土地が必要で、割高になるんじゃないの?」というイメージがありませんか?でも実は「ロフト付きの平屋」という選択肢もあるんです。

サイエンスホームの「ロフト付き平屋」

これがサイエンスホームの「ロフト付き平屋」の施工事例です。

・吹き抜けの天井が開放的な広々したLDK。階段もはしごのような簡易的なものではなく、標準仕様の階段が取り付けてあります。

・こちらのロフトは趣味の部屋として活用されていますが、もちろん子供部屋として利用することもできます。

「2階建て」と「ロフト付きの平屋」ってどこが違うの?

そこで疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「これって総二階の建物と何が違うの?」ということです。同じ構成だったら、総二階のお家を建てたら良いのでは?…と思われるかもしれませんが、実はこの2つ、根本的に違う部分があるのです。

ロフトは2階が無い分、コストダウン

簡単に図で描いてみました。2階建ては「1階+2階+屋根」という構成になっており、一方ロフト付きの平屋は「1階+屋根(小屋裏をロフトとして活用)」という構成です。つまりロフト付きの平屋は2階を作らなくて良い分、コストダウンにつながっているのです。

ロフトは小屋裏を利用するため、どうしても天井は斜め(勾配天井)になります。一般的な総二階のお家の2階の天井が約240cmであるのに対して、ロフトの天井は一番高い頂点の部分で約220cm、そこから傾斜が付いて左右に下がっていきます。ですので、2階建ての建物と全く同じという訳ではありませんが、普段住む分には十分な空間を確保できます。

ひのきの勾配天井も、山小屋のようで、この隠れ家っぽい雰囲気が逆に落ち着く方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、中央に頂点のある切妻屋根より、左右非対称の形の屋根の方が、広いロフト空間を確保できるのでオススメです。(コストは前者の方が抑えられます)

ロフトスタイル(1.5階建て)と、アティックスタイル(中2階建て)

これまで、「2階建て」と「ロフト付きの平屋」の違いについてお話してきましたが、ロフトが新たな家づくりの選択肢に加わった方はいらっしゃいませんか?

サイエンスホームでは豊富な平屋のプランをご用意しております。今までお話した「ロフト付きの平屋」はロフトスタイル(1.5階建て)プランとして、また、軒を少し高くして、より広いロフト空間を確保したアティックスタイル(中2階建て)プランもご用意しております。どちらも部屋数を確保しながらも、総二階建てのお家よりもコストを抑えられますので、気になる方はぜひ一度ご相談ください。